下肢静脈瘤の予防方法

下肢静脈瘤の予防方法

下肢静脈瘤の症状悪化や再発の予防のためにもっとも重要なことは、長時間同じ姿勢でとどまるのを避けることです。下肢静脈瘤の要因の一つである足のむくみは、立ち仕事によって足の血流が悪くなることで発生することが多いです。仕事柄、立ち仕事を避けられない場合は、休憩時間などに歩いたり、階段の昇り降りをするなどの対策が有効です。

症状に合わせた適切な治療・予防が大切です

下肢静脈瘤は命に関わる病気ではないのですが、基本的には自然治癒はせず、放置をしてしまうと症状が悪化して生活に支障をきたすこともあります。様々な予防法・治療法の中から、状態や症状の原因に合わせた適切な対処をすることが大切です。
当院では、実際に診察をさせていただき、患者さま一人ひとりに合わせた予防や治療をご提案させていただいております。まずはお気軽にご相談ください。

下肢静脈瘤について知りたい方

下肢静脈瘤の治療がしたい方

無料メール相談 診療予約フォーム 提携ホテル 帝国ホテル
ページの先頭へ戻る