圧迫療法(弾性ストッキング)

圧迫療法(弾性ストッキング)

圧迫療法(弾性ストッキング)

圧迫療法(弾性ストッキング) 圧迫療法
弾性ストッキング 弾性ストッキング

サポーターによる圧迫は、下肢静脈瘤の最も基本となる大切な治療です。
弾性ストッキングを履くことによって、足に適度な圧力を与えて余分な血液が静脈瘤の中に溜まることを予防し、深部静脈への流れを助けます。
血液を下から上に、表在から深部へと導き、下肢本来の流れに戻します。むくみもとれ、下肢は軽くなります。

しかし、これは弾性ストッキングを履いている時だけで、脱いで立ち上がれば、また静脈瘤は出てきます。
つまり、根本的に治すための治療ではなく、あくまでも悪化を遅らせるための保存的治療なため、静脈瘤が消失するわけではありません。

圧迫療法(弾性ストッキング)のメリット・デメリット

メリット
  • ・低価格
  • ・履くだけでよいので、日常生活の中で続けられる。
デメリット
  • ・保険が効かない
  • ・履いている間しか効きめがない
  • ・夏は暑い

下肢静脈瘤の治療方法の種類

下肢静脈瘤について知りたい方

下肢静脈瘤の治療がしたい方

無料メール相談 診療予約フォーム 提携ホテル 帝国ホテル
ページの先頭へ戻る