レーザー治療(ELVeSレーザー)

レーザー治療(ELVeSレーザー)

レーザー治療(ELVeSレーザー)

ELVeSレーザー
ELVeSレーザー

レーザー治療は、細いファイバーを血管内に入れ、血管の中から照射するレーザー光の熱によって静脈をふさぐ新しい治療法です。

従来のストリッピング手術は、静脈を取り除くために足のつけ根と膝の2ヶ所を切る必要がありました。
しかし、レーザー治療では、膝の部分から細い点滴の針を刺し、その針穴からレーザーのファイバーを足のつけ根まで入れ、血管内に照射されたレーザーの熱によって、中から静脈を焼いて塞いでしまいます。そのため、足のつけ根を全く切らないで治療することができます。傷跡があまり目立たず、美容的にも優れているため、日本国内でも急速に広まっています。
レーザー治療の良い点は、一言でいうと「低侵襲治療」と呼ばれる体に優しい治療です。日帰りで治療が可能です。

これまで、厚生労働省の高度先進医療であった下肢静脈瘤のレーザー治療が、2011年1月1日より保険診療が可能になりました。
当院は血管内レーザー焼灼術実地・管理委員会が認定する実施施設に指定されており、下肢静脈瘤レーザー治療の講習会を指導する施設に指定されています。
実施医・指導医の資格を取得した経験豊富な血管外科医が直接担当し、術後の経過、成績もとても良好です。
実際に治療を受けた方々からも非常に高い評価を受けており、国内でも有数の治療実績を誇っています。
また、メディアでの健康特集、その他雑誌等にも多く取り上げられています。

レーザー治療のメリット・デメリット

メリット
  • ・傷跡がほとんど残らず目立たない
  • ・安定した治療成績
  • ・安全性に信頼度が高い
  • ・保険適用で費用が安い
  • ・出血が少なく、体への負担も少ない
デメリット
  • ・日本では新しい治療のため長期成績が不明
    (欧米ではストリッピングとレーザーは同等の治療成績とのデータはあり、最近は日本でも同様のデータが報告されています。)

レーザー治療の治療費

3割負担の場合1割負担の場合
約4万5,000円約1万2,000円

血管内レーザー焼灼術実施および指導の認定証

下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設認定証 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医認定証 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医認定証

下肢静脈瘤の治療方法の種類

下肢静脈瘤について知りたい方

下肢静脈瘤の治療がしたい方

無料メール相談 診療予約フォーム 提携ホテル 帝国ホテル
ページの先頭へ戻る