下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の種類

足の血管が太く浮き出ているものを下肢静脈瘤といい、その多くは曲がりくねっています。また同じ静脈瘤でも太さは様々です。下肢静脈瘤は、以下の4つの種類に分類されます。

下肢静脈瘤の種類別の適応治療法

治療名クモの巣網目側枝伏在
圧迫療法
IPL治療××
硬化療法
ストリッピング手術××
レーザー治療
高周波アブレーションカテーテル治療

※患者さまの状況、静脈瘤の状態、大きさなどにより適応する治療法は異なります。
※圧迫療法は症状緩和・進行予防目的で行うもので、根治治療ではありません。

種類や症状に合わせ適切な治療法を

下肢静脈瘤は命に関わる病気ではないのですが、基本的には自然治癒はせず、放置をしてしまうと症状が悪化して生活に支障をきたすこともあります。 そのため、複数ある予防法治療法の中から、症状と状態、血管の太さ、患者さまの日常生活、お仕事の予定に合わせた適切な対処をすることが大切です。
当院では実際に診察と検査をさせていただき、患者さまに合わせた治療法・予防法をご提案させていただいております。まずは、診療のご予約か、無料メール相談をご利用ください。

下肢静脈瘤について知りたい方

下肢静脈瘤の治療がしたい方

無料メール相談 診療予約フォーム 提携ホテル 帝国ホテル
ページの先頭へ戻る