©2019 by Tokyo Private Clinic

​​血液浄化療法

血液浄化療法(アフェレシス)とは、

DFPP(Double Filtration Plasmapheresis)二重濾過血漿交換療法と言い、

血液中から病気の原因となる因子(悪玉コレステロールや中性脂肪、炎症物質、ウイルスなど)を、

特殊なろ過膜を用いて分離、病因物質を除去してきれいになった血液を体内に戻すことで、

健康状態の改善をはかる治療法です

​​期待できる効果

■治療効果

 

1.病因物質の除去

 中性脂肪、悪玉コレステロール、炎症物質、ウィルスなど、特殊なフィルターを通す

 ことにより直接的に血管内部を浄化できる

 

2.血管内皮機能改善

 血管の弾力性を向上させ、血管が硬くなるのを防ぎ、血管を柔らかくする

 

3.炎症物質の除去

 炎症物質も除去することにより、血管を詰まらせる血栓やプラークなどの発生を予防する

 

4.血流改善効果

 どろどろの血液が血管にこびりついたり、血管を詰まらせるのを予防する  等

 

 

治療後にろ過フィルターをご自身の目で確認出来ますので、生活習慣改善のモチベーションが

上がります。

 

病気にならないための積極的予防として、いかに血管を若々しく保つか、健康意識の高い方に

おすすめです。

​​対象となる方

◎脳梗塞、心筋梗塞のリスクのある方(特に糖尿病の方・喫煙歴のある方)

◎血液検査や血圧は正常なのに動脈硬化性変化があり、お薬の適応はないが、

 積極的な対策を希望される方

◎標準治療を受けていても脳梗塞や心筋梗塞に

 なってしまった既往のある方等

他にも下記の病態が治療適応となります。

◎(難治性)アトピー性疾患

◎突発性難聴

◎加齢黄斑変性症

以下の方には治療をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

・医師の診察により当治療が適応ではないと判断された方

(例:アフェレシスに適応しない血管の方、不安の強い方)

・1回の治療で完治することを期待される等、予防治療の意義を正しく理解できない方

・治療リスク等の理解が難しいと判断される方 等

​治療の流れ

1.ご来院後お部屋のご案内をいたします。

2.施術は2~3時間かかりますので、事前にお手洗いをおすすめしております。

3.ご希望があればガウンにお着替えをしていただきます。

4.リクライニングソファーにお掛けいただき、両方の腕に針を刺し、片方の腕から採血を行います。

5.静脈を確保した後、血液浄化療法の機械を始動いたします。警報機の機械音が聞こえますが、

    こちらでチェックしておりますので、ご心配なさらないでください。

6.血液浄化療法中はソファで楽な体勢をとっていただいて構いません。施術中、喉が渇くことがあります。

     お飲み物を飲むことは可能でございます。

7.治療中でも離脱してお手洗いへ行くことはできますので、ご希望の際は担当者へお声掛けください。

8.治療終了後、採血を行い、お帰りいただきます。ご希望がございましたら、次回のご予約も承ります。

​よくある質問

Q 「血液浄化療法」は痛くないのでしょうか?

A 点滴や採血をしたときと同じように針を刺した時の痛みはあります。

しかしそれ以外で身体に負担がかかるようなことはありません。針を刺した後の傷も数日で見えなくなります。採血などでアザができやすい方も止血には十分時間をかけていますので安心してください。

 

Q 血液浄化療法とはどのような治療なのでしょうか?

A 血液浄化療法は日本で40年以上の歴史ある治療で、大学病院や国立病院では難病指定された方などに行う、副作用の少ない安全な治療として知られています。

具体的な治療内容として、血液中に含まれる動脈硬化や心筋梗塞の元となる脂質成分の濾過を行い、きれいになった血液を身体に戻すことで今後起こりえる血管系の病気の予防に繋げます。

Q 治療中に食事、飲水は出来るのでしょうか?

A 脂質成分を取り除く治療を行っている中で、食事、飲水(ジュース類)をして脂質成分の数値を上げる行為を行うと治療効果を十分発揮できなくなります。

  また、左右の腕に針が入っているので長時間腕を曲げることが難しく時間のかからない飲水(お茶、水)は可能ですが食事に関しては治療前に取ってきていただければと思います。

 

Q 治療中にトイレに行けますか?

A 可能です。針を抜くことなくトイレに行くが出来ます。ただトイレに行っている間は治療が中断しますので治療時間が延びることをご理解ください。

 

Q 治療中にスマホ、タブレットを使用出来るのでしょうか?

A 両腕に針を入れますが、事前にお教えていただければ片腕を曲げられるように対応することは可能です。しかし血液浄化療法を効率よく行うためには普段採血をされる場所に針を入れるのが一番です。腕を曲げられるように対応すると治療時間の延長につながることをご理解ください。

 

Q 治療後はどのくらい効果が持続しますか?

A 効果の持続は個人により違いますが約1ヶ月程度は持続すると言われております。ただ治療によりきれいになった血液でも、不規則な生活習慣に戻ってしまうと血液の状態はすぐに元に戻ります。しかし運動やバランスのいい食事をとるように心がけることでより長く血液浄化の効果は持続します。

 

Q この治療はどのくらいのペースで行えばいいでしょうか?

A 血液データやカウンセリングをもとに、その方に合った最適な治療間隔をご提案します。

  通常1ヶ月から3ヶ月に1回のペースで行っていきます。

 

Q 治療時間はどのくらいでしょうか?

A 約3~4時間程度を必要とします。しかし治療を受けられる方の体調や血管の太さによっては治療時間が前後することもあります。

Q 治療後注意することはありますか?

A 治療後は大変代謝が良くなります。お風呂の際はのぼせてしまいますので長湯に気を付けてください。また使用する針が通常より太めですので身体を洗う際にその場所をこすってしまうと内出血の原因になりますのでご注意ください。